読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうたたびえもん

鼻歌交じりの旅と神社と日々のこと。

国宝「石清水八幡宮」へ、夫の仕事運UPをお願いに行ってきた~②

京都府八幡市に鎮座いたします「石清水八幡宮」を参詣したので、その様子をご紹介したいと思います。 

 

hanautatabi.hatenablog.com

 

山頂に到着~。

てくてくと、参道という名の石段を登ってきた私たち…。

やっと三ノ鳥居に到着です。

 

f:id:hanautatabi:20170312183247j:plain

いろんな形の灯篭がずらっと並んでいます。

 

 

三ノ鳥居を入ってすぐのところにこんなものがありました。

f:id:hanautatabi:20170312183436j:plain

「一ツ石」「勝負石」「お百度石」などと言われ、走馬、競馬の出発地点になっていたことなどに由来するそうです。

小銭がたくさん置かれていました…。

 

 

南総門が近づいてきました♪

手水舎で身を清めます。

f:id:hanautatabi:20170312184107j:plain

 

手水舎には和歌が掲げられていましたよ。

f:id:hanautatabi:20170312184341j:plain

どなたが詠んだものなのでしょう?

帰って調べてみたけど分からなかった…。

 

手水舎の向かい側には、樽酒がたくさん積んでありました。

f:id:hanautatabi:20170316164433j:plain

旦那様の好きな「白雪」もありますね~~。

んん~~、飲みたい…。

 

ようやく、入口到着~。

南総門です!

でぇ~~ん! でかい!!

f:id:hanautatabi:20170316165029j:plain

「祝 国宝」と書かれていますね。

そうです。ここ石清水八幡宮平成28年2月9日に国宝に認定されたのですよ!

 

やっとここまできた~~!

一礼して足を踏み入れます。

f:id:hanautatabi:20170316165226j:plain

南総門から社殿を見ると、少し斜めになっているのがわかりますか?

これは、参拝したのち帰るときに、神様に対して真正面に背中を向けないように中心を外しているそうですよ。

 

 

社殿に到着~! 参拝いたしましょう。

f:id:hanautatabi:20170316170009j:plain

「国宝 御本社」!

すごい迫力です。

いや~、感動です!!

 

朱色の艶やかさに金の装飾。

しばし見とれてしまいました…。

 

現在の社殿は徳川家光さんが立て替えたもので、現存する八幡造りの本殿の中で最も古くて大きいそうです。

 

いやあ~、ありがたい。

さっそく参拝させていただきます。

f:id:hanautatabi:20170316165810j:plain

 

参拝を終えてもなおハイテンションな私ですが、

 

旦那「疲れた…。休ませて…。」

私「もっといろいろ見たいよ~!」

 

ということで、ここからは自由行動の時間です。

 

 

境内を散策…。

ここ「石清水八幡宮」は、2つの棟が前後に並ぶ「八幡造り」というめずらしい建築様式です。

ですが実際は、本殿はぐるりと廻廊で囲まれており、外からは見えないのですよ。

神聖な場所ですからね。

 

楼門の正面に、またまた鳩さん見っけ♪

f:id:hanautatabi:20170316173418j:plain

 

そして、ひと際目を引く艶やかな彫刻…。

f:id:hanautatabi:20170316173750j:plain

躍動感溢れる龍と虎。

これ、欄間彫刻といって、透かして彫ってるんですよ。

すごいですね~~。

帰って調べてみましたら…。

社殿の顔である楼門の正面には、蟇股部分に一対の向かい合う鳩の錺金具(かざりかなぐ)があり、よく見ると向かって右側の鳩は少し口を開けています。神使である鳩が社殿の正面にて狛犬と同様に阿吽の呼吸で御神前をお守りしています。 また、その双鳩の少し上を見上げると、極彩色の壮麗な龍虎の欄間彫刻が施されています。南に朱雀、東に青龍、西に白虎、北に玄武という四方を守護する四神(神獣)の関係から考えると、当宮の龍虎の彫刻は東に虎、西に龍の彫刻が配置されており、これは、御祭神を祀る位置と順番に合わせて逆に配置されているとも、現在の社殿の修造した徳川家光公の生まれ年が辰年であり、家光公が尊崇した徳川家康公は虎年生まれであるため、自分の干支が尊敬する家康公の干支よりも上位(=東、下位=西)の位置に配することのないよう家光公が配慮したともいわれています。

出典:境内のご案内 | 当宮について --- 石清水八幡宮

だそうですよ。

ほほ~ぅ。

 

 

そうそう、御朱印を頂くのを忘れずに。

今回は…、

f:id:hanautatabi:20170316180845j:plain

「5番」!!

(特に意味はありません…)

 

その後も続々と御朱印をもらう人が来ました。

待っているあいだ、皆さんの御朱印帳をチラ見するの楽しみのひとつなんですよね♪

眼福♪ 眼福♪

(盗み見ですね…。ごめんなさい!)

 

ちなみに、私の御朱印帳はこちらです。

f:id:hanautatabi:20170316181833j:plain

きれいな翡翠色で、お花の模様が散りばめられています。

こちらは楽天で購入しましたが、各々の神社仏閣でも購入できますよ。

私も、これは!!というのを見つけたらお迎えしようと思っているのですが、なかなか出会えず…。

 

そして、今回頂いた御朱印はこちら…。

f:id:hanautatabi:20170316182202j:plain

「国宝」の印が押されていますね。

中央に書かれている「八幡大神」とは、八幡社の主祭神である「応神天皇」をあらわします。

ありがとうございます。

 

 

次回、国宝「石清水八幡宮」へ行ってきた~③へ続きます。

 

 

 

 

ここのショップの御朱印帳はレトロポップで可愛いですね。

 

[rakuten:hollyhock:10002891:detail]

伊勢木綿とはシブくてカッコいい!